メニュー

痛みの少ない治療

どなたでも歯を削るときや麻酔をするときの痛みを気にされます。
当院ではできる限りい民のない治療が行えるように様々な痛みの少ない治療をケースバイケースで使い分け、
安心して治療を行っていただけるようにしています。

 

抜かない・削らない治療


pic_06治療に入る前にしっかりカウンセリングを行い、しっかりとしたインフォームドコンセント(患者様と医師による説明・納得)の元、なるべく抜かない・削らない治療を行っていきます。

 

 

 

麻酔による痛みの軽減


 pic_07麻酔によって治療の細部にまで痛みの少ない治療を行い、「体にやさしい治療」を常に心がけ、安心と信頼の診療作りを目指しています。

 

 

 

 

痛みの少ない治療


 当院ではできるだけ痛みが少ないように下記のような手順で麻酔を行っています。

  1.表面麻酔無1

ゼリーゼリー状の麻酔薬です。麻酔の針を指す歯肉表面に塗ると、針が入るときの痛みが和らぎます。

 

 

 

 2.麻酔液を温めます無1

pic_08麻酔液の温度が、体温に近いほど歯肉に麻酔液が入るときの痛みを和らげることができるため、麻酔液の温度にも気を配っております。

 

 

 

3.細い麻酔針(33G)無1

針上の針が33Gというサイズの極細の針です。細い方が痛みを感じにくくなります。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME